| コメント(0)

なんだお前!

| コメント(0)

 

224.jpg

 

そしてチルビーの前に現れたのは、カラスのブラック!

「わっ!なんだ、お前。」と、チルビーは思わず叫んでしまいました。

それを見たアレクッは、言いました。

「こいつブラックじゃないか。カラスのブラック!!つながったんだ!つながったんだね。ボクたちの森と・・・」

「くまうし、ボクたち帰れるんだよ。珍獣の森へ。帰れるんだ!!」と、アレックは叫びました。

そして、帰れる事をよろこんだのでした。

 

マヨネーズ

| コメント(0)

それは、穴の遠くの方から聞こえて来たのでした。

「なんだ、ここは。真っ暗だ!何も見えないじゃないか。」

「やいお前!だれかいるのか??

マヨネーズ持ってるか?マヨネーズ!赤いキャップのマヨネーズ。

白は、だめだ!!白は。

赤だ。赤!! 赤いキャップのマヨネーズだ。マヨネーズ出せ!!」

「カァー」「カーッ」と、それはとても懐かしい声でした。

「マヨネーズって、なんだ!!」と、チルビーはつぶやいたのでした。

真っ暗だ!

| コメント(0)

「やっぱり、何にも見えなし真っ暗だ。」と、チルビー。

「ほんとに真っ暗なの?・・・チルビー、ちゃんと覗いたの」と、ヘラジカのムーが言いました。

すると、チルビーは

「ムーも見ただろ、ちゃんと覗いたさぁ!。こうやって穴の中に顔を突っ込んで、覗いたじゃないか。

そしたら、中は真っ暗で何も見えなくて・・・・」と、チルビーが説明していると穴の向こうからなにやら

何かがやって来るようです。

それは、パタパタと言う音をたて穴の遠くの方からやって来るです。

のぞいて見ろよ!

| コメント(0)

「いったい何が見えるんだい」と、ヘラジカのムーが言うと

チルビーがこう言いました。「ムー!のぞいてみろよ。」

「チルビーこそのぞいて見なよ。」と、ムーが言います。

「バカ言え、こんなえたいの知れないもののぞけるか!」と、チルビーが言います。

「怖いんだね。チルビーは、怖いんだ。」と、ムーが言うと

「そんなことないさ!こんなの怖くないかないさ」と、言うと

チルビーは扉の前に立つと

そーっと顔を扉の中へと覗き込んだのでした。


 

223.jpg

 

みんながたわいもない話しをしながら、トビラの前へと集って来ました。

そして、「この姿を見るのは、久しぶりだの」と、ビックヘッドの長老が言います。

「長老は、前にも見た事があるのかい」と、ヘラジカのムーが尋ねると

「あるさ、シリウスが壊すまではここにもちゃんとあったのさ。」と、答えたでした。

「これが、あの噂の扉なんだ。」と、言いながら

皆もの珍しそうに扉を眺めていました。

ぞろぞろ

| コメント(0)

 

222.jpg

 

「扉が開いたって!」と、言ってみんながぞろぞろやって来ました。

そして、それまで怖くて隠れていたベアーやジョーも。

みな興味心身で集ってきます。

「これが、トンネルなのか・・・」「怪獣の口みたいだなぁ〜」と、チャビス。

「チャビスさん、さっきから気になっていたんですけどーッ、どうしてチルビーじゃ〜あ、無いんです。」と、

北キツネのジョーが尋ねると、

ヘラジカのムーが血相を変えて「な、何!言ってんだ。チャビスは、チャビスさ!!」

「クックックッ、チャビスは、まだ小さかった頃、びびるとおしっこをすぐ漏らしたのさ!

だから、長老のビックヘッドたちは、チャビスのことをおしっこちびるでチルビーって呼ぶんだ。」と、ブルが

みんなにばらしてしまいました。

「なるほど、ボク・・・余計な事を聞いたみたいですね。」と、北キツネのジョーはすっかり青くなっていました。

「扉が、開いて良かったじゃないか。これで、君たち森へ帰れるんだろ!

あの、広い海を渡らなくすむじゃないか。なッ、チャビス」と、ムーが話しをそらしますが、

みんなは、クスクスと笑いをこらえ

チャビスは、したを向いて顔は真っ赤でした。


ひらいた!!

| コメント(0)

その場にいたみんなは、思わず「ひっ、開いた!」と、声をあげ

そしてジャンゴジャンゴが、「俺たち帰れるんだよなぁ〜」と、みんなの方を見て言うと

感激のあまりみんなは、その場に立ちすくみしばらくは、動けずにいました。

221.jpg

しばらくしてジャンゴジャンゴは、扉の上にあるあるものに気がつきました。

「あそこに何か、ある・・・。何か書いてあるぜ!」

「なぁ〜、あれ、何て書いてあるんだ」と、ジャンゴジャンゴはみんなに尋ねるのですが

文字を読めるものがいなく分かりません。

「なぁ〜、アレック!あれ、お前たち人間が使うやつだろう。

なぁ〜、なんて書いてあるんだ。」と、尋ねてみましたがアレックは

扉の開いた事で感激していて、しばらく何も聞けそうもありませんでした。

 

そうしてくれよ。

| コメント(0)

 

220.jpg

 

「旦那、 あやまっちまえよ!」

「そしたら、おいらたち森へ帰れるんだぜ! なぁ〜、そうしてくれよ。」

「シリウスの旦那、なぁ〜、そうしてくれよ」と、ジャンゴジャンゴが言いました。

何と無謀にもこの大陸で最も偉大な大陸の王者、シリウスにもため口で話すジャンゴジャンゴは、

怖いもの知らずのあきれたいかれイタチ。

でも、彼の言っている事は確かに正しい・・・・。

「どんなにえらくったてよ、悪い事したら謝らなくっちゃいけないよなぁ〜、旦那。

それが、上に立つもんの生き様ってもんだろ〜。」と、ジャンゴジャンゴは

得意になって話すのでした。

そして、シリウスが身体に似合わずものすごい小さな声で

『ゴメン・・・』と、言ったような言わなかったような・・・・声が森に広がりました。

すると扉は、大きな口を開けたのでした。

「そりゃぁ、扉を壊した本人が謝れば、いいんじゃない。」と、くまうしがシリウスの方を見ていいました。

「そうだよね。壊したのは、シリウスだもんねーッ!」と、アレックもシリウスを見つめます。

「やっぱりそうだよなぁ。シリウスさん・・・・」と、ジャンゴジャンゴも視線をなげると

シリウスは、大きな巨体を小さく丸め、ものすごく後ろめたい表情でこの場を去ろうとしてしていました。

「どちらへお帰りですか。」と、みんなが尋ねるとシリウスは、

「チョッと、森の様子をパトロールしようと思って・・・・」と、小さな声で答えたのでした。